ライフワーク

ポロシャツはOKなのか? 就活の服装を考える

就活の服装

正直な話、じつは私はまともな、所謂一般的な就職活動をしたことがなかったりするのですが、しかしその大変さは回りからもよく聞こえてきます。

何が大変ってまず、就活用の服装を用意しなければならない上に、着こなし方のマナーなんかも覚えないといけないですからね。

とはいえ、社会人になって一般的な企業に務めるのならばスーツはほぼ毎日着ることになるし、大人になると冠婚葬祭もいろいろとありますから、覚えておいて損はないですけどね。

 

ということで今回は就活の服装と、そんなシーンでもポロシャツは利用できるのかどうかを、ちょっと考えてみたいと思います。

基本的にはリクルートスーツ

リクルートスーツ

そんなことはもう知ってるよ、と思われる方も多いかとは思いますが、就活の服装と言えば基本はやっぱりリクルートスーツです。

紺、もしくは黒の、無地に近い落ち着いたスーツに、白のワイシャツ、ネクタイ、革靴、手提げのビジネスバッグが基本になります。

ネクタイの柄はそこまで決まりはありませんが、あまり派手な色のものやアニメ柄など、奇抜なものは避けたほうが良いかと思いますし、冠婚葬祭ではありませんので、真っ黒や真っ白も止めたほうが良いでしょう。

 

昨今ではスーツ専門の格安量販店も増えて、街中でもそういったお店をよく見かけるようになりましたし、就活用のスーツをそういったところで購入する方も多いかと思います。

しかし個人的な私の経験から言わせて貰えれば、スーツ専門店でありながらも、中にはきちんとした知識のない店員さんがいる場合もあります。

もちろんそういった店員さんは少数派ですが、しかしそれでもスーツはTシャツやパーカーを買うのとはわけが違いますので、出来るだけ下調べはきちんとしておくことをおすすめします。

「普段着でも可、普段着でお越し下さい」の場合

オフィスカジュアル

面接の際の服装として「普段着でも可」となっている場合がありますが、しかしだからと言って本当に普段着ているTシャツやジーパンで行くのはNGです。

どういった意図で、そういうことを書いているのかは企業によって変わりますので一概には言えませんが「でも可」の場合においても、やはりリクルートスーツで行くほうが無難でしょう。

 

もしスーツ以外の服装で行く場合でものあるポロシャツやワイシャツのほうが絶対的に良いですし、それらの裾は出さず、タックインしましょう。

またボトムスはジーンズやカーゴパンツ、ハーフパンツ等は避け、スラックスなどがベターです。

全体的に清潔感のある、いわゆるオフィスカジュアルな服装が良いとされています。

 

これは「普段着でお越し下さい」の場合でも同様です。

これから企業に就職し社会人となるのですからその心構えをしっかりと持ち、あまり子供っぽい格好は避けたほうがよろしいかと思います。

絶対NGな服装

だらしない格好

常識的に考えればわかりますが、まず就活時に絶対にしてはいけないのがだらしのない格好です。

電車などでもときどき見かけるサラリーマンの中には、髪や髭が伸び放題だったり、フケが肩に付着していたり、また寝癖がついたままだったりする人もいますしまた、夜になると酒に酔ってせっかくのビジネススーツをぐちゃぐちゃに着崩している人も見かけますが、これは就活時には絶対にダメです。

というか、いくら酒に酔っているからと言っても社会人のエチケットとしても普通にダメなのですが、こういっただらしのない格好で就活に行くくらいなら行かないほうがマシです。

何故なら採用されることはまずありえませんから、はっきり言って時間の無駄です。

 

また上でも少し書いたように、Tシャツやトレーナー、パーカー、ジーンズ、ハーフパンツなどのラフ過ぎる服装もNGですし、さらに言えばワイシャツの襟が曲がっていたり、皺がついてしまっている場合もあまり良くありません。

 

就活は、社会人になるための予行練習みたいなものでもありますので、きちんとした大人に見えるよう心がけましょう。

というわけで今回は就活時の服装について考えてみましたがやはりポロシャツは、服装について「普段着」、もしくは「私服」と書かれている場合にのみ利用出来ますが、服装について特に何も言及されていないのでしたら、無難にリクルートスーツにしておきましょう。

とはいえ『オリジナルポロシャツ専門店』では無地タイプのさまざまなアイテムを幅広く取り揃えておりますので、もしよければ参考までにご覧頂けると幸いです。

オリジナルポロシャツ専門店

-ライフワーク